読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成の記憶 地域:日本全国刀剣のおわすところ

刀と旅行と二次萌えはワイのガソリンじゃ〜(ハイオク)

刀剣展示等スケジュールまとめ(使い方編)

 

※沢山RT・閲覧いただいているところ大変恐縮なのですが、

macでの表示にものすごい時間がかかるということが判明しまして

やはり別サービスに移行すべきかな、という方向に考えが傾いております。

 

とはいえ、筆者がしばらくこの表に注力できる時間が少ないため、

当面はこちらの表を使って行く予定です。

ご不便おかけします。

 

 

遠征は好きかーーーッッ??!!!!!!!!!

(おーーーーー!!!)

全国各地に刀を見に行きたいかーーーッッッ???!!!!!!!!!

(おおおーーーーーーーー!!!!)

 

 

というわけで、個人的に全国の刀剣展示等の情報をまとめたものを、どなたかのお役に少しでも立てればいいなあなんて思いまして公開しております。

 

遠征に行き始めてしばらくは、今ほどの展示数がなかったのと、遠出は1か月に1回くらいかな~なんてのんきに構えてやっていたので、展示情報まとめなど不要だったのですが、

とにかく行けるだけうかがって勉強しよう!という考えになってからというもの、これがないと予定が立てられない体になってしまいました。

 

Twitterでは基本的にいつもトップに固定するようにしていますが、使い方等言葉足らずになってしまいがちなのでこういった紹介ページを設けてみることにしました。

 

 

形式について

 

ガントチャート」という形式です。

本来は作業の予定、進捗などを管理するための表ですが、これが会期を一覧で把握するのに、私にはとてもわかりやすいのです。

 

f:id:and0a:20160407234240p:plain

 

こんな感じになっています。横スクロールで先の日付が確認でき、縦はおおまかに北から南の順で都道府県別に展示情報を並べています。

 

 

使用しているサービス「みんなでガント」について

 

ガントチャートを無料で利用できるサービスはいくつかあります。

が、私が探したところ、スマホからも閲覧・更新できるサービスは「みんなでガント」だけのようだったのですよね。

 

もう半年も前のことなので、現状は変わっているのかもしれませんが。

 

  • 無料であること
  • スマホからも利用できること
  • デザイン・UI

 

以上の点から「みんなでガント」というサービスを利用しています。

 

今探せばもっと良い別のサービスも見つかるのかもしれませんが、あまり探す気もないのでとりあえずしばらくはこのまま利用させていただくことになるかと思います。

 

 

利用方法・注意点

 

  •  閲覧にはパスワードが必要です

 

<PCからのアクセス>

 

こちらが私の作成したスケジュールのページです→ http://minna-de-gantt.com/gantt/main/?cid=20EcXLDl9p

パスワードの入力が求められますので「katana」と入力してください。

 

 

スマホからのアクセス>

 

アプリのDLが必要です。AndroidiPhoneも専用アプリがあります。

 

Flashが見られるブラウザならいけるかも…?と思って試してみたのですが、筆者のスマホ(Androidのバージョン:5.1.1)からはドルフィンブラウザを利用しても見られませんでした。

 

 アプリをDLしたら、「表ID」と「パスワード」が求められると思いますので、

「表ID:20EcXLDl9p」、「パスワード:katana」を入力すれば閲覧できます。

 

筆者のスマホからでは時々挙動がおかしくなります笑

 

 

  •  都道府県/開催場所(建物名等)/展示・イベントの名前 *(あれば)展示される刀剣の内代表的なものの名称(*←をつけていない場合はゲーム未実装刀剣) という順番で書いています

 

  • その展示・イベントの中で行われるギャラリートーク等の単発の催し物は一段下の行に記入 しています

 

具体的に表を使いながら説明しますと、ひとつめの実例がこれです

 

f:id:and0a:20160408001612p:plain

 

京都の/

北野天満宮で行われる/

青もみじ宝刀展という展示にて/

(刀剣乱舞実装刀剣である)髭切 他/

が4/16~5/13の期間展示される、という意味ですね。

 

常設展内での展示だったりする場合は展示名をちゃんと書いていなかったりもします…全体的に適当です笑

 

 

ふたつめについての実例画像です。

 

f:id:and0a:20160408001815p:plain

 

上記画像の中で1行目に記入している「刀-時代小説に登場する名刀たち-」という展示において、

4/24と5/15には講演が、4/17と5/8にはミュージアムトークがそれぞれ行われますという意味です。

 

 

イベントの行では都道府県~展示名まで省略し、展示名のかかれている行の下に続けて、イベント名の前に空白をひとつ空けてから書く、という形式で記入しています。

 

できればなにかしらイベントが行われているなら、遠出ならなおさら、せっかくですからそれに合わせてうかがいたいですよね。

 

できる限りこういったイベント事も表に記入するようにしています。

 

また、ひとつの展示の中で、ある作品が期間限定の展示の場合も同様の形式で記入しています。

 

 

  • 現在発表されている展示情報を網羅しているわけではありません。
  • 現在私が知っている情報の全ても反映できていないときがあります。

 

ひとつめは言わずもがな、すべてを把握はできていないと思っておりますので。

 

ふたつめについては、このサービス、無料での利用だと100行までしか増やせないのです。

その制約の中で、前述したようにイベントごとも記載しているので、必然、行が足りなくなるということもしばしば生じます。

 

あまりに有名な展示、あるいは毎年恒例の展示でみなさん把握してらっしゃるだろうな~といったものや、私がすでにうかがったことがあり再訪しない予定の場合などは表に追加していないことも多いです。

 

あるいは東京国立博物館など、常になにかしら刀剣が展示されているような場所も、ゲームに実装されている刀剣が展示されていない場合などは記載していないことが多いです。

 

 

  • 文字サイズの変更、「名称」の幅を広くすること、並べ替えができます

 

文字サイズは拡大/縮小でパーセンテージを変更してください。

 

展示等の名称をフルで見たい時等、「名称」の幅は、エクセル等を使うときのように枠の右端にカーソルを持っていけば矢印のアイコンに変わりますので、ご自由にびよーんとしてみてください。

 

並べ替えについては、例えば開始日、終了日で並べ替えて見るということができます。

が、先ほど書いたように、ある展示内でのイベントごとには都道府県・展示場所・展示名を記述していません。

 

なので並べ替えてしまうと一体どの展示内の講演なのか、といったことはとてもわかりづらくなってしまいます。すみません。

 

 

  • まだ予定段階(期間未定)の展示等も載せている場合があります

 

PCからだと期間を入力せずに名称のみ入力をした行を作成できるのですが、スマホアプリからの更新だと期間を入力しなければならないので、変な期間で予定段階のものが登録されている場合があります。

 

予定であることは「名称」を見ていただければ 「○月頃?」とかそういった記述になっているのでわかると思います。

 

また、例えば鶴丸のCVを担当している斉藤壮馬さんがナレーションを担当するプラネタリウムプログラムが4月半ばから公開らしいのですが、この場合、一応このあたりというのはすでにあるのだな~ということで4/15~4/30で仮登録したりしています。

 

あ、あと忘れていましたが、

 

  • ゲーム関連、本阿弥関連、お能関連の予定も混ざる場合があります

 

注意書きが遅くなりました笑

 

 

  • 開始日は正確ではないことも多いです
  • 同月内でも、終了した項目はさくさく消しています

 

この表、1か月単位で過ぎた月を削除できるのですが、消してしまった月は期間として入力できないのです。

例えば、3/29~4/13という日程の展示を、3月を削除してしまってから入力することはできないので、4/1~4/13という形で、入力しています。

 

また、とにかく行数が足りないことが多いため、また少しでも軽くするために、日付が過ぎた項目は消しています。

そのため、過去の展示の情報を振り返るという使い方にはあまり役に立ちません。

 

 

それから一番大切なことですが、

 

  • この表を鵜呑みにせず、必ず公式HP等で再度の確認をしてから予定を決定してください!

 

館の休館日等は反映しておりません。

 

当然ながら私が間違えて入力してしまっている可能性も大いにあります。

 

この表はあくまで参考程度にしていただいて、最後は必ず公式の情報にあたってから実際に乗車券を予約するなどの行動にうつしてください。

 

 

あと、実はこの表、誰でも変更・保存ができてしまうのです・・・。

 

先ほど述べた並べ替えなどをしても、「保存」しなければ変更は破棄されるのですが、どなたかが誤って、もしくは悪意でもって変更・保存しないとも限りません。

 

たとえそうなったとしても、私が変更した後にはバックアップをとるようにしているので復元はできるのですが、そうは言っても今見ているものがそういった第三者による変更が加えられていないものかは知りたいですよね。

 

  • お手数ですが「履歴」の「更新時間」をご確認ください

 

基本的にTwitterのトップに固定し、更新した場合はそのツイートにセルフリプライする形で日時をメモするようにしています。

→更新チェック用ページのURLとともにつどツイートすることにしました。

刀剣展示等スケジュールまとめ(更新チェック用) - 平成の記憶 地域:日本全国刀剣のおわすところ

 

この日時が最終更新日時とほぼ一致していればその後改変は行われていないということがわかるわけです。

 

この辺の手間がかからない(管理者以外は閲覧のみの)サービスに移行したいなとも思うのですが、前述したようにその他の理由でもってひとまずは現状のまま利用するつもりです。

 

 

 

どなたかのお役に立てれば~などと言いつつ割とめんどくさい利用方法で恐縮ですが、多少なりともお役立ていただければ嬉しいです!